配列 メソッドについて

前回の続きです。前回配列の操作について記事にしましたが、ここでは配列クラスの標準メソッドで便利そうなのを抜粋します。
このページは随時追加更新していくと思います。

配列のメソッド(class Array)

Rubyのメソッドやメソッドの詳細を探すときは、リファレンスが一番です^^;
他にも、逆引きをまとめてくれている方のサイトなどとても助かります。ありがたく参考にしましょう。
メソッドは、当記事で一部を抜粋して紹介しております。

破壊的メソッド

メソッドの中には、レシーバ(元々のオブジェクト)自身の内容を変更してしまうものがあります。このようなメソッドをRubyでは『破壊的メソッド』と名付けられています。

下のsampleのように、「first」,「sort」メソッドはレシーバ(配列オブジェクト)自身には変化が無く、破壊的メソッドである「shift」,「sort!」実行後は、レシーバ自身に変更が反映されていることがわかります。

# 破壊しないメソッド
array = [5, 3, 8, 4]
p array.first => 5
p array => [5, 3, 8, 4]
p array.sort => [3, 4, 5, 8]
p array => [5, 3, 8, 4]

# 破壊的メソッド
array = [5, 3, 8, 4]
p array.shift => 5
p array => [3, 8, 4]
p array.sort! => [3, 4, 8]
p array => [3, 4, 8]

「sort」のように「!」が付いているものは確実に破壊的メソッドですが、「shift」のように見た目では分からないものもあります。(shiftの意味を考えれば破壊的メソッドです。)
メソッドが破壊的な振る舞いをするか曖昧な場合は、マニュアルやsampleなどで確認してから使用するようにしましょう。 特に配列は思っていた結果と違う場合などに、この辺を疑ってみると良いかもしれません。

メソッド(Class Array)

追加、削除など
.unshift # 先頭要素に追加
.shift # 先頭の要素を返し、レシーバの先頭要素を削除する
.push # 末尾に追加
.pop # 末尾の要素を返し、レシーバの末尾要素を削除する
.first # 最初の要素を返す
.last # 最後の要素を返す

.max # 要素の最大値を取得
.min # 要素の最小値を取得
length, size

配列の要素数を返す

array = [1, 2, 8, 4, 10]
p array.length # => 5
p array.size # => 5
array = [[1, 2], [8, 4, 10]]
p array.length # => 2
p array.size # => 2
# size, length はエイリアスの関係

知っとくと便利そうなメソッド

下記にサンプルを載せています。

.flatten # 多重配列を平坦化する。
.delete(x) # xの要素を全て取り除く
.reject # 条件に一致した場合、取り除く
.slice(x..y) # 指定した部分を取りだす
.uniq # 重複要素を削除する [1,1] => [1]
.sort # ソート
.reverse # 逆順にする
.join # 要素を任意の文字列で区切った文字列を取得
.split# 文字列を配列に変換
.select # 条件を満たす要素を抽出
.index # 要素を探すし、その位置を返す
.map # 各要素にブロックを実行し配列を返す
.choice # ランダムに取得する。
.max_by # 条件付きの最大値
.min_by # 条件付きの最小値
.transpose # 転置配列を返す
flatten

多重配列を平坦化する

array = [[1, 2], [8, 4, 10]]
p array.flatten # => [1, 2, 8, 4, 10]
p array # => [[1, 2], [8, 4, 10]]
p array.size # => 2
p array.flatten.size # => 5
delete

xの要素を全て取り除く

array = [ "momo", "banana", 100, 100, "momo" ]
p array.delete("momo") # => "momo"
p array # => ["banana", 100, 100]
reject

条件に一致した要素を取り除く(「reject!」)

array = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
p array.reject { |val| val < 5 } # => [5, 6, 7, 8, 9]
p array # => [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
p array.reject! { |val| val < 5 } # => [5, 6, 7, 8, 9]
p array # => [5, 6, 7, 8, 9]
slice

指定した部分を取りだす(「slice!」取り除く)

array = [8, 3, 4, 6, 10, 2]
p array.slice(2,2) # => [4, 6]
p array.slice(2..4) # => [4, 6, 10]
p array.slice!(2,2) # => [4, 6]
p array # => [8, 3, 10, 2]
uniq

重複要素を削除する

array = [ "momo", "banana", 100, 100, "momo" ]
p array.uniq # => ["momo", "banana", 100]
p array # => ["momo", "banana", 100, 100, "momo"]
array.uniq! # => ["momo", "banana", 100]
p array # => ["momo", "banana", 100]
sort

ソート

array = [ 7, -2, 4, 10 ]
p array.sort # => [-2, 4, 7, 10]
p array # => [7, -2, 4, 10]
p array.sort! # => [-2, 4, 7, 10]
p array # => [-2, 4, 7, 10]
reverse

逆順にする

array = [ 7, -2, 4, 10 ]
p array.reverse # => [10, 4, -2, 7]
# 大きい順
p array.sort.reverse # => [10, 7, 4, -2]
p array # => [7, -2, 4, 10]
join

要素を任意の文字列で区切った文字列を取得

array = [ "momo", "banana", "mikan", "sumomo"]
p array.join("+") # => "momo+banana+mikan+sumomo"
p array.join(",") # => "momo,banana,mikan,sumomo"
p array.join() # => "momobananamikansumomo"
split

文字列を任意の文字列で区切り配列に変換

text = "hoge\nmoge\ntoge\n"
p array = text.split("\n") # => ["hoge", "moge", "toge"]
text = "123,456,789"
p array = text.split(",") # => ["123", "456", "789"]
text = "123,456,789"
p array = text.split(",").map(&:to_i) # => [123, 456, 789]
index

要素を探すし、その位置を返す。

array = [ "banana", 100, 352.6, 9, 100 ]
p array.index("banana") # => 0
p array.index(352.6) # => 2
p array.index(300) # => nil
# 文字列時
string = "cototoco.jp"
p string.index(".") # => 8
sample(x)

x個の要素をランダムに取得する

array = [ "momo", "banana", "mikan", "sumomo"]
p array.sample # => "banana"
p array.sample(2) => ["sumomo", "mikan"]
p array = [ "momo", "banana", "mikan", "sumomo"]
max_by,min_by

条件付きの最大値,条件付きの最小値

array = [ "momo", "banana", "mikan", "sumomo"]
p array.max_by {|val| val.length } # => "banana"
array = [ 2, -6, 5, 8 ]
p array.min_by {|val| val * val } # => 2
transpose

転置配列を返す

array = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]
p array.transpose # => [[1, 4, 7], [2, 5, 8], [3, 6, 9]]
p *ary.transpose
# => [1, 4, 7]
# => [2, 5, 8]
# => [3, 6, 9]
p array # => [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]

配列からハッシュを作る(おまけ)

array = ["apple", 50, "banana", 100, "orange", 150]
hash = Hash[*array]
p hash # => {"apple"=>50, "banana"=>100, "orange"=>150}

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby リファレンスマニュアル

逆引きRuby – 逆引きRuby

配列 – 逆引きRuby