オブジェクトのコピー 【Ruby】

ここでは、オブジェクトを複製するときに注意すること(特に配列オブジェクト)を記述します。
phpでは考えなくてよかったことですが、他の言語ではどうなんでしょうね。

オブジェクトの複製の説明ですが、メソッドの引数にも共通している内容だと思います。
メソッドの引数については、次回触れてみようと思います。(値渡し,参照渡し)

少し復習

rubyでは変数も何かのオブジェクトです。

変数『a』という箱に”cototoco”という文字を入れたイメージですが、「String(文字列)オブジェクト”cototoco”に、『a』とラベルを付けた」と、言うとらえ方もsample0よりわかります。
*)変数はオブジェクトにつける名札 Ruby リファレンスマニュアルの用語集 変数より

a = "cototoco"
p a.class # => String
p a.object_id # => 540010740

注) すべてオブジェクトと記載しようとして思い調べてみたら、違うようです。
メソッド,ブロック,演算子のand, or 等々はオブジェクトではないとのことです。
Rubyでは、すべてがオブジェクト。じゃないよ! – このブログは証明できない。

オブジェクトのコピー[導入部]

文字列オブジェクト『a』を『b』に代入してみます。
『a』と『b』のobject_idが同じ値になっていることから、ラベルの違う『a』と『b』は同じオブジェクトを参照していることが分かります。同じオブジェクトなので、内容も同じです。しかし、object_idが1つなのでオブジェクトはコピー(複製)されていません。

a = "cototoco"
p a.class # => String
p a.object_id # => 540009530
b = a
p b.class # => String
p b.object_id # => 540009530

ここで、『a』に別の値を入れてみます。
すると、『a』は初期化されので、新しいobject_idが振られていることが分かります。
『a』と『b』は別々のオブジェクトになり、中の文字列も別々の値になっています。
『a』の値を変更しても、『b』の値は保持されているので、複製の目的は成り立っています。

# sample1の続き
a = ".net"
p a.object_id # => 539434520
p b # => "cototoco"
p b.object_id # => 540009530

オブジェクトのコピー[本題]

さて、『a』が配列オブジェクトの場合もStringオブジェクトと同様の結果になりますが、少し注意することが必要です。
『a』の配列の中の値を変更する場合、『b』の値も変更されてしまいます。

a[1]の値を変更した結果、b[1]の値も変更されています。不思議に感じますが、object_idを調べてみると『a』と『b』は同じオブジェクトを参照していることがわかります。『a』と『b』の参照先は同じなので、『a』を変更するということは、『b』を変更することになります。

a = [3, 7, 9, 2]
b = a
p a[1] # => 7
a[1] = 10
p a # => [3, 10, 9, 2]
p b # => [3, 10, 9, 2]
a.object_id # => 540642090
b.object_id # => 540642090

『a』と『b』を別々のオブジェクトにするとこの動作がなくなります。

1, 『a』を初期化する。sample2の様に、『a』に改めて値を代入します。

a = [3, 7, 9, 2]
b = a
a = [3, 10, 9, 2]
p a # => [3, 10, 9, 2]
p b # => [3, 7, 9, 2]
a.object_id # => 539950350
b.object_id # => 539958810

2, clone, dup メソッドを使う。
cloneメソッドはオブジェクトの複製を返すメソッドです。(リファレンスマニュアル

a = [3, 7, 9, 2]
b = a.clone
a[1] = 10
p a # => [3, 10, 9, 2]
p b # => [3, 7, 9, 2]
a.object_id # => 540474720
b.object_id # => 540331010

配列オブジェクトの複製は、cloneメソッドsample5かsample4の方法を持ちいりましょう。

破壊的メソッドはレシーバ自身を変更する

以前の記事、配列 メソッドについてのように、破壊的メソッドはレシーバ自身を変更します。
この時、意図せずsample3パターンにはまってしまう時があります。

例えば、配列『arr_a』に値を追加する時、現在の値を『temp』に保存する場合を考えます。
配列に値を追加するメソッドにpushがあります。pushは破壊的メソッドなのでレシーバを変更します。
では、『arr_a』を『temp』に保存し、『arr_a』にpushで値を追加してみます。

arr_a = [3, 7, 9, 2]
temp = arr_a
arr_a.push(100)
p temp # => [3, 7, 9, 2, 100]

状態を保存したはずの『temp』の値まで変更されてしまいました。
このようなときはsample5のように、cloneメソッドを持ちいりましょう。

Rubyでは、すべてがオブジェクト。じゃないよ! – このブログは証明できない。
リファレンスマニュアル