docomoテザリングでは、PPTP(VPN)接続できず。

2014年7月9日時点の話です。技術的な問題みたいなので、今後もdocomoのテザリングでPPTP(VPN)接続はできないと思われます。IPSecが使える環境を構築するのがいいみたいです。

本題です。

手持ちの機材で、自宅外から自宅PCを起動する(WOL)

今回の目的は、『手持ちの機材で、自宅外から自宅PCを起動する(WOL)』です。

機材
 ・WZR-HP-G301NH(バッファロールータ)
 ・xperia z docomo SO-02E Android 4.2.2

結果的にdocomoのテザリング(SPモード)の仕様と自宅ルーター機能の兼ね合いで、接続できなかったのですが、せっかくなので将来環境を変えた時や再チャレンジのために、メモを残しておきたいと思います。

まず、WZR-HP-G301NHはWOLに対応してるとスペックには書かれていますが、直接外部からのマジックパケットを転送するのではなく、ルータ自身から発生させる方法でWOLを可能としています。

そのために、外部から一度ルータ(ルータ管理画面)にアクセスする必要があります。そこでWZR-HP-G301NHには、PPTPサーバをたてて外部からのアクセスを許可する機能があり、それを使い外部からアクセスを行います。

Android4(バージョン2の途中から)には、OSの機能としてVPNクライアントがあります。アンドロイドに、自宅PPTPサーバPPTPのパスを設定しアクセスすることで、目的のWOLが可能になるはずでした。

が、設定が正しくてもつながりません。理由はdocomoのSPモードが使っているは方式では、PPTPのアドレス変換がうまくいかないようです。この理由や、SPモードのこと、PPTPのプロトコルのことなど詳しいことは私も知りませんが、価格.comのスレッドに詳しい方がおられたので、こちら『スマホ【GALAXY:ギャラクシ】によるPPTP接続について』が参考になると思います。

WZR-HP-G301NHのPPTPサーバ設定方法とAndroidのクライアント設定はこちらの方々を参考にさせていただきました。

Androidから自宅ネットワークにVPNアクセスする 後編

Wake-on-LAN – Wikipedia

スマホ【GALAXY:ギャラクシ】によるPPTP接続について

ドコモの公式テザリングでVPNを使うのに必要な知識

SSL-VPNの導入メリット(後編):“SSL-VPN or IPSecVPN”どちらが最適ですか? – @IT