新規androidプロジェクトを作ると、ソースファイルがなかった。[android][ADT]

久しぶりにアンドロイドの開発環境をインストール作ってみたら、手間取ったのでメモ。

開発環境の作り方をまとめようと思いましたが、参考にさせていただいた、Yahoot知恵袋のkeicha_hrsさんの記事がとてもわかりやすかったので、是非参照してください。

Androidアプリケーション開発環境の構築
Androidアプリケーション開発環境の構築(ADTバンドル版SDK編)

自分用、防備録としてADTのインストール手順の記事も書いておきました。← 準備中

 

さて本題です。

ADTのバンドル版でEclipseで新規androidプロジェクトを作ったところ、srcの中にあるはずのhogeA.ctivity.java ファイルができていない、さらに、res/layout フォルダーの中にあるhoge.xmlファイルがない状況に陥りました。

そういえば確か、Eclipseを起動したときか、何処かのタイミングで
「This Android SDK requires Android Developer Toolkit version 22.6.2 or above. Current version is 22.3.0.v201310242005-887826. Please update ADT to the latest version.」
と、エラーメッセージがでていたので、

ググってみると、Android SDK Tools と、ADKのバーションがそろっていないと不具合が出るとのこと、
さっそくADKのバージョンアップを行おうと、

で、問題を探っているときに、Eclipseの設定のAndroidの中身が変なこと(キャプチャし忘れですが、空になっていたような?)になっておりました。
正しくは下の画像のように表示されているはずです。

2014040301

 

さてさて、上記のようにsrc(プロジェクトが正しくできない),似たようなエラーがでる,設定のAndroidの項目が変な場合の対処法です。

「ヘルプ」 – 「新規ソフトウェアのインストール…」
「使用可能なソフトウェア・サイド」へのリンクがあるので、その先の 「Android Developer Tools Update Site」 を選択し 「編集」 に進みます。(バンドル版のADTの方の名称です。)
「ロケーション」を、http から https (https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/) に変更して、OKOKと進みます。
先ほどの画面に戻りますので、「作業対象」リストから、「Android Developer Tools Update Site」 を選択し、開発ツールを選択します。下記のようになります。

2014040302

あとは、「次へ」 で進めていくとADTのバージョンUPの完了です。

Android SDK Tools のバージョンと、ADTのバージョンが等しくなっていると完了です。

2014040303

今回は、無事22.6.2にそろえることができました。